踊って食べておしゃべりして。

少し時間が経ちましたが、

アミジロウ企画『ダンス と ごはん』

盛況のうちに終了しました。
今回も当然のごとく沢山の人に助けて頂きました。

じゅんじゅんSCIENCE の高橋淳さんと久井麻世嬢は
ぼんやりグダグダの僕をじんわりしっかりと支えたり
引っ張ったりしてくれています。そしてダンスに関する
あれやこれやを示唆してくれたり。簡単ではないだろうけど
ああして試行錯誤しつつ踊りを作れる関係は素敵やなぁ。

今回、余白食堂・島貫さんがフードで参加できないとあって
あわあわしていましたが、そこを救ってくれたのがネコさん。
彼のポテンシャルの高さには毎度驚かされます。
頼んでないのに勝手に映画ネタをぶっ混んで関係者までも
楽しませてくれました。ごはん、美味しかった。

島貫さんも自ら忙しい時間の合間を縫ってお手伝いに駆けつけて
くれました。お顔が見れて本当に嬉しい。

益田さちさんは知り合いではありつつも、コンテダンスの
コミュニティ的には違う場所(狭量な僕個人の見解)の人と
思っていたのですが、今回声をかけさせてもらって
どうかなと思っていたのですが、とても良い刺激になれた様で
本当に良かったと思います。じゅんじゅんも喜んでいたし
良い繋がりの場所になれたかなと。僕個人としても色々と
突っ込んで話ができて今後も何か出来たらと思っています。

White Cloud kyotoの美奈さんは今回は出演ではなかったのに
きめ細かい場づくりや、なんと照明のオペをかってでて頂き
本当に恐縮です。スタジオのプレゼンとなっていれば幸いです。

奥田さんには本当にずっと世話になりっぱなし。初音館時代から
ハード、ソフトに渡りとりあえず聞けば何かしら応えてくれる。
機材提供だけでなく撮影もかってでてくださり、ああ感謝感謝。

受付の辻さんは役者さんですが、ダンスにも興味あるっぽいので
こちら側に引きずりこんでいる最中(笑)。ワークショップにも
去年に引き続き参加してくれていて、しっかり座組みの一員。
雑な僕の準備をきちんと理解して、それ以上の状態で仕事を
返してくれました。

他にも色んな方の協力、励ましのおかげで今回もなんとか
このじゅんじゅんとのシリーズを終えることが出来ました。
今振り返るに、京都のダンスシーン、京都芸術センター、
モノクロームの公成さんと裕子さん達による数々の
ワークショップや企画、そしてUrBANGUILD。あらゆる場が
あったおかげで、踊ってこれたし人とも出会えたなぁと。
ささやかではありますが、今回の『ダンス と ごはん』も
そういう場のひとつになれていれば幸いです。

思いがけず長文になってしまいました。
色々かけた迷惑も感謝の言葉でうやむやにしてしまおうとする
やましい僕ですが、そこは本当にすみません。
迷惑かけたりかけられたりしながら、ええ具合に踊り続けて
いければと願っております。

関わってくれた皆様、
会場にて共に空気を作ってくださったお客様方、
本当にありがとうございました。
愛してます。
3B70E60F-8BD8-48B2-9318-566E1708700F.jpeg
アミジロウ企画代表取締役 アミジロウ

この記事へのコメント