ダンスとごはんでした。

Choreography of Cinema 〜ダンスとごはん2〜
たくさんのお客様にご来場頂き無事終演致しました。
A6CB60F1-3D9F-40F3-9AB6-87F8C72BFA9A.jpeg
じゅんじゅんSCIENCE、流石のパフォーマンスでした。
千年女優はいくつかのシーンを切り取ってコラージュした
振付で物語のイメージが浮かび上がりつつそれらが次々と
展開する事とラストの佇まいから走馬燈の様な作品でした。
2001年宇宙の旅は美しき青きドナウに乗せて2人で宇宙に
漂っており、個人的には出会った時の作品を思い出して
ずっとニコニコして見ていました。

川瀬亜衣さんは繰り返しの振り付けをガンガン踊っていて
「どこが死亡遊戯?」って感じでしたが解説を聴いて納得。
着眼点とそこからのダンスへの繋げ方が素敵でした。

僕はすごく限定的な印象から形を拾って作ったミセスダウト。
若者の「強がりとその裏の不安」をモチーフに派手な衣装で
踊った卒業。2つの踊りをまるで違うアプローチで作れたのが
楽しかったです。
96278424-CD4B-423C-AFF3-D01055AC71F0.jpeg
ごはんチームも素晴らしかった。
島貫さんは流石のクオリティで遊び心満載。ダンサーチームも
並ぶ料理にウハウハしておりました。手書きの映画イラストまで
用意してくれて、企画への愛情に胸がいっぱいになりました。
家酒場さんちのチェサンはお得意の韓国料理のプレートで
楽しませてくれました。初めての現場でよくぞここまで
やってくれたと感激しました。美味しかった!

他にもぼんやりの僕を沢山の方が支えてくれて、今回も
とても良い時間を過ごすことができました。
大変な事も多いですが、お客様も含めて関わってくださった
皆様の笑顔が僕の支えです。
本当にありがとうございました。
出演者達はまだまだ踊っていきます。
またどこかでお会いできれば幸せです。

チャオ!
0A3E4082-5B16-46E6-8603-7E1D3E78F674.jpeg

この記事へのコメント