じゅんじゅんSCIENCE!!!

「ダンスとごはん vol.3」の出演者の紹介をしていきますよ。

まずはおなじみのこの方々、
じゅんじゅんSCIENCE
junjunscience_image2020.jpg
パフォーマンスグループ「水と油」の活動を経て、(じゅんじゅん改め) 高橋淳が2006年に設立。平成22年度文化庁新進芸術家海外研修を機に、ヨーロッパ各国やイラクでも作品を上演し、動きや振付に特化した緻密なアンサンブル構成が評価される。近年はダンスにおける音楽性という観点からクリエイションを行うことが多く、「ダンスが純粋なるダンスのまま観客に届く」ことを追求し続けている。
じゅんじゅんSCIENCE HP

ていうか顔が見えへんやないか。
お顔はこちら。

fullsizeoutput_a4a.jpeg

左;久井麻世、右;高橋淳

アミジロウがリスペクトしてやまない振付家、高橋淳(通称じゅんじゅん)さんのカンパニー。
そもそもこの人たちのダンスが見たくてこの企画は始まったのでした。
時にストイックに時にユーモアを持った作品に毎度踊りの面白さを堪能しております。
今回はじゅんじゅんSCIENCEは初のアバンギルド。
京都のパフォーミングアーツの重要拠点にてどのような切り口でデュオを披露するのか。

高橋さんはダンスを言葉にする術にもたけており、自身の作品解説はもとより他出演者の
作品に対しても独自の考察を平易な言葉で語ってくれるので、話を聞くのもたいそう面白い。
鑑賞後の味わいが深まります。

上記のHPからは高橋淳氏のインタビュー動画も視聴できます。
ダンスにまつわる豊かな知見が垣間見れて見応えありますよ。

今年もめちゃくちゃ楽しみにしております!

この記事へのコメント